【徹底比較】葛の花由来イソフラボン入りきょうの青汁VSシボヘール!

最近話題のダイエット成分“葛の花イソフラボン”をご存知ですか?お腹周りの脂肪が新たにつくのを抑え、脂肪の分解や燃焼を促すスゴいパワーがあることがわかった驚きの新成分です。(^_^)ウエスト周りって、脂肪がつきにくいのに落ちにくくて、「何とかしたい!」とお悩みの方も多いところだと思います。

 

↓ 結果的におすすめはこちら ↓

おすすめのサプリはこちら

 

 

その注目の新成分を配合したダイエットサプリメントも、近頃たくさん見かけるようになりました。そこで、葛の花イソフラボンを配合したサプリメント、「シボヘール」と「葛の花イソフラボン入り きょうの青汁」の2つを比較してみました!

 

 

「シボヘール」と「葛の花イソフラボン入りきょうの青汁」有効成分の違いは?

 

 

まず最初に、ダイエットに効く有効成分をみていきたいと思います。

 

 

シボヘールの有効成分

葛の花イソフラボン

 

 

葛の花イソフラボン入りきょうの青汁の有効成分

葛の花イソフラボン

 

 

葛の花イソフラボン入りきょうの青汁の主成分
  • 大麦若葉
  • 桑の葉
  • 聖護院かぶら
  • 京にんじん
  • 和三盆
  • 宇治抹茶
  • 難消化性デキストリン

 

 

有効成分はどちらも同じですが、主成分はきょうの青汁にたくさん配合されています。きょうの青汁は青汁なので、食生活が偏っている方、栄養が足りているか不安な方に向いていると思います。(^_^)

 

 

「シボヘール」と「葛の花イソフラボン入りきょうの青汁」飲みやすさは?

シボヘールは錠剤タイプ、きょうの青汁は粉末で水や牛乳などに溶かして飲むタイプの機能性表示食品です。シボヘールは1日4粒、きょうの青汁は1日1袋を目安に摂取することをオススメします。

 

 

青汁は、苦いというイメージを持つ方も多いと思いますが、きょうの青汁には和三盆や宇治抹茶が配合されています。独特の苦みはなく、ほのかな甘みと抹茶のお陰で飲みやすい、と評判なんですよね。

 

 

錠剤が苦手、という方はきょうの青汁、味がするのが苦手、という方はシボヘールを選んでみても良いかもしれませんね。(^_^)

 

 

「シボヘール」と「葛の花イソフラボン入りきょうの青汁」価格・値段を比較

 

サプリメントや青汁は毎日飲むものだから、金銭的な負担も少ないほうが嬉しいですよね。

 

 

シボヘールの値段

・ 1袋約1ヶ月分で通常価格税込3,218円
・ 定期コースで購入すると、初回980円で送料も無料

 

 

きょうの青汁の値段

・1箱約一ヶ月分で通常価格税込3,294円
・ 定期コースで購入すると、10%割引の2,965円
・ 送料は4,500円未満の注文の場合525円かかる

 

 

シボヘールの方がお得なことがわかりますね。(^_^)
きょうの青汁は、1箱のみの注文だと送料がかかってしまうので、3箱まとめて購入する、という方もいるようです。

 

 

「葛の花由来イソフラボン入りきょうの青汁」と「シボヘール」比較まとめ

 

 

シボヘールもきょうの青汁も、有効成分は同じですが、きょうの青汁の方はその他にもたくさんの成分が配合されています。青汁は日々不足しがちな栄養素を豊富に含んでいるので、食生活の偏りが気になる方は、きょうの青汁が良いのではないでしょうか。(^_^)

 

 

「食生活に気を遣っているから、脂肪燃焼サポート力だけ欲しい」という方は、シボヘールを試してみてくださいね☆